読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有川です。女子高生で社長でアイドルとか好きです。

株式会社SooVIVID代表取締役の有川野乃子です。社長っぽいことは書けません。すみません。

ジェラシージェラシーが減って楽になるかもしれない話

f:id:sv_nonoari:20170407213106p:plain

※この記事に社長っぽい話は一切出てきません。社長っぽい話を期待していた方は閉じていただければ幸いです

 

 

有川野乃子です٩( ᐛ )و

 

1ヶ月前に書いた記事を放置しておりました。

 

 

 

先日菜々緒さんがこんなツイートをされましたね

 

 

 

 

素敵だ!美しい!大好き!と思う反面、贅沢な!と思ってしまう性格の悪い自分がいます。

 

 

 

で、今回の話に入る前に

モーニング娘。の「ジェラシージェラシー」聴きました?

 


モーニング娘。'17『ジェラシー ジェラシー』(Morning Musume。'17[Jealousy Jealousy])(Promotion Edit)

 

やばくないですか???え??(語彙力の欠如)

 

メロディー重視のワタクシでもこんなに歌詞が心に響いたのはBerryz工房の「雄叫びボーイ WAO!」以来です

 

 

 

ジェラシー ジェラシー

ジェラシー ジェラシー

 

 

思えば幼稚園の頃から欲に塗れていた気がします。

自分で言うのもなんですが、幼稚園の頃は結構モテてました(ブスなのに)

f:id:sv_nonoari:20170315003257j:image

 

小学生に入学する頃にはひらがな・カタカナ・アルファベットや干支も完璧で小学二年生までの勉強は完璧にしていたので成績は常に一番だった(多分)し、

ピアノや体操、習字なども入学前から習っていたので、足がちょっと遅いのと二重跳びが出来ないこと以外は大体なんでも出来る子だったと思います(ブスだけど)

f:id:sv_nonoari:20170315003658j:image

(あれ、、、細いぞ、、、、、)

 

 

 

私のクラスで中学受験をする人は私ともう1人だけ というくらい周りが受験モードではないような学校だったので常に自分が一番上にいるつもりでしたが、
中学受験塾に入ってみると当たり前のように一番下のクラスに回される程度の実力でした。( ̄∇ ̄)

 

 

その後頑張って勉強し、絶対受からないつもりで受けた学校(今通っている学校)に合格しましたが、中学受験を知らない人たちが集まっている学校では

 

「お前の学校の偏差値調べたけど大したことねーじゃん」
と言われ、一気にどん底に落とされたような気分になったわけです!!!!!!!
自分の実力なんぞこの程度かと!!!!!!!

 

そして中学校に入学しましたが、やはり自分程度の人間じゃ到底及ばないような子がたくさんいました、、、

なんてったってはるばる静岡や茨城から毎日通ってる子もいるんだもの٩( ᐛ )و

 

 

自分よりレベルの高い子達が揃っているせいで、

入学した後すぐチームで話し合ったことを発表しろと言われ、緊張しつついつもの調子で喋ってみたら先生に滅茶苦茶驚かれて褒められた という時の優越感を超える出来事が未だ起こっていません٩( ᐛ )وイェイ

 

 

 そんなこんなでしたが、今では中途半端な位置にいても笑いに変えられるパワーがこの学校にはあると思っているのであまりその辺りは重視しておりませんが(それもどうなんだ)、

常になんらかのジェラシーは感じてるのだろうと思います。

 

 

話が逸れますが、最近塾に入って「よぉ〜し頭良いキャラでいっくぞぉ〜!!!」と張り切っていたのに、
周りの子は偏差値70近い難関高校の生徒ばかりでした。
小学生の時のイメージで自分が一般的には頭良い方だと思い込んでた。
いけねぇ恥かくところだったぜ!!!

f:id:sv_nonoari:20170315001827j:image

モーニング娘。'17『ジェラシー ジェラシー』(Morning Musume。'17[Jealousy Jealousy])(Promotion Edit) - YouTube

そうですその通りです小田さん

 

 

で、そんな私が特にジェラシーを感じてしまうことがこちら

f:id:sv_nonoari:20170315005836j:image
モーニング娘。'17『ジェラシー ジェラシー』(Morning Musume。'17[Jealousy Jealousy])(Promotion Edit) - YouTube

 

朝5:30に起きて満員電車に揺られ、汗だくで教室の扉を開けてみるとゴリラ界のルックスクイーン可愛くてスタイルの良い女子高生が右手に菓子パン左手にコーラを持ちながらツイッターを見ていたりするわけです。

 

私は痩せてる子よりも整った食生活をしているはずなのにブクブク太ってしまったので、
かなり色々我慢して最近4キロダイエットしました。それでも全然痩せてないよパトラッシュ、、、、

 

 

ブスであるという点においてはブスなりに努力して毎日まぶたに両面テープ貼って本物の二重を生成する事に成功したりはしましたが、
痩せるのはやはり難しい。

 

 

といった感じで基本的に私は細い子にジェラシーを抱いています。

 

 

 

あと関係ないけど毎回「情熱に」の「に」言ってないだろ!ってなる

f:id:sv_nonoari:20170407203517j:image
モーニング娘。'17『ジェラシー ジェラシー』(Morning Musume。'17[Jealousy Jealousy])(Promotion Edit) - YouTube

(これを機に曲を聴いてみてください)

 

そんな自分はどのような点においてジェラシーの矛先にいるのかと考えてみたのですが、
おそらくその答えは

 

肌の白さ自慢するほどでもないのですが、、

 

 大体こんなもんだ

f:id:sv_nonoari:20170407203812j:image

右が私です。たしか6月

 

小学校三年生くらいになって徐々に顔が可愛い子やスタイルの良い子にジェラシーを抱き始めた頃、

(当時の発想で)可愛くてモテる子には共通点がある事に気がつきました。そう

 

ちょっと色黒(超偏見)

 

これ今言っても誰も共感してくれないんですけど、
色黒だとシュッとして見えるというのもありますし、多分アクティブでバランスの整った子が色黒だったんでしょうね。

それに比べて私は黒さが足りないなあと感じてわざと陽の当たるところを歩くようにしたり

真夏に家のベランダで寝てみたりしましたが全く変わらない。

 

周りの子達が手のひらと甲のコントラストを楽しんでいるのに入っていけず、

何故私だけ日焼けをしないのかと母に訴えかけた記憶があります。

 

 

 

 中学に入り隣の席の子が日焼け止めを塗りたくっているのを見て
「4月なのになんで日焼け止め塗るの?」

などとアホ丸出しの質問をし

「ハァ?中学生にもなってお前は何を言ってるんだ。年によっちゃ5月の紫外線量が7月や8月を上回る事もあるし春夏秋冬朝昼ゔぁ"ぁ"ぁ"ぁ"ん"室内でさえも24時間365日ものすごい量の紫外線を浴びているにもかかわらず外に出るときや夏だけしか日焼け止めを塗らず過ごすだなんて自殺行為である」

とさんざんに言われた記憶もあります。( ꒪⌓꒪)←夏も塗った事なかった

 

今はシミそばかすが怖いので夏はなるべく塗るようにしています。 
年を重ねてから積み重ねられていたものが出てくると聞くので、
今まで塗っていなかったことが恐ろしい。

 

 

とまあそんなわけでお前は日焼けしないねえ色白だねえと言われる事が多いのですが、
色白なりに苦悩はあるわけです。

 

 

きっとものすごい影響力のある菜々緒さんは私のようなそこらの一般人とは比べ物にならないくらいの苦悩があってツイートをしたのだと思いますし、
誰だって知らず知らずのうちにジェラシーの矛先にいて、苦悩を抱えているわけです。

 

 

冒頭で「やばくないですか???」と言いましたが、
なにがやばいって基本ジェラられている人がジェラっちゃってることですよね。 

f:id:sv_nonoari:20170407203331j:image
モーニング娘。'17『ジェラシー ジェラシー』(Morning Musume。'17[Jealousy Jealousy])(Promotion Edit) - YouTube

本当ジェラっちゃうわ

 

 

誰でも必ず何かジェラられているポイントがあるわけです。

なんで自分はあの子みたいになれないんだ、、、なんで自分だけ、、、と思い悩む前に
じゃあ自分はどんなジェラシーの矛先にいるのか と考えてみると少し楽になるのかもしれませんね。

 

 

この曲を深掘りするシリーズ楽しいのでまたやります

それではまた٩( ᐛ )و

 

【おまけ】

f:id:sv_nonoari:20170407203849j:image
モーニング娘。'17『ジェラシー ジェラシー』(Morning Musume。'17[Jealousy Jealousy])(Promotion Edit) - YouTube

「Rich」「Young」「Girly」ときて「細い」はさすがに笑ってしまった
確実に伝説となるハロプロ曲だ、、、٩( ᐛ )و

 

  

 

 

中学生で社長になってから一年経ちました

すーびびっどの有川野乃子です(╹◡╹)

 

今日は猫の日ですね

 

ウオオォォォォ

f:id:sv_nonoari:20170222110333j:image

 

アアァァァッーーーーー!!!!!

f:id:sv_nonoari:20170222110444j:image

 

 

それはさておき、

今日2017年2月22日で私が株式会社SooVIVIDを設立して一周年です٩( ᐛ )و

 

既におめでとうメッセージもいただき、大変うれしく思っておりますm(__)m

 

 

この一年間で、信じられなかったような事をたくさん経験させていただきました。

 

しかし!!

個人的に胸を張って言える一年間でもなく、充実していたかというとなんだか生ぬる〜い一年だった気がします…。

 

やろうとしていたことはやれず、何をすれば良いのかわからず、何も頭に入ってこない時期が長かったのでもったいないなあと。

もう高校一年生は戻ってこないのに!!!

 

とだけ言っても何が何だかわからないでしょうからそのうち気が向いたらゆるく書きますね。(何年後になるかわからないけど)

 

まあこれ以上ネガティヴな話はあまりしたくないので、しょっちゅう聞かれる

「会社設立のきっかけ」

について話します。

 

長くなるので目次

 (はてなブログ使いこなせぬ)

 

 原点の原点

 

 原点の原点は小3の時です。

私の母が上咽頭癌になりました。

当時の母は治療の副作用で髪の毛が抜け、首の周りが大やけどをしたように爛れるほど。

 

そんなつらい病気もなんとか乗り越えたのですが、

今でも後遺症が残っています。

例えば 唾液が出ない こと。

唾液が出ないということは、水分なしで食事ができないということです。

 

つまりデパ地下で試食を勧められて素直に食べたりなんかしたら喉に詰まって大変なことになります。

しかし店員は私の母が唾液が出ないということを知るはずもなく、

試食を断ったら「マジいみわかんないし〜」って顔をされるわけですね。

 

そんなの娘として見ていられないじゃないか。゚(゚´ω`゚)゚。!!!!!

 

これに限らず、どうでも良いような事で嫌な思いをして欲しくないんですよ。

私こういうの引きずっちゃうタイプだし?()

 

そんなこんなでいちいち過剰に反応するようになり、気づけば頭の中で

問題発生→その原因→解決策

を考えるようになっていました。

 

簡単に言えば

 

てぇへんだ

どうしてこうなった

どうすればこうならなかったんか

 

って事です。私の語彙力では無理である

 

まあ結局、問題が発生してからいきなり解決策を考えようとするのではなくて、

まず原因をたくさん見つけてからひとつひとつの原因に「なんで!?なんで!?」って追求していくわけです。

 

そうやって頭の中でアイデアを出していくのがモヤモヤを潰していくのに一番良い方法でした。

 

 入学・デザイン思考との出会い

そんなこんなで色々ありつつ中学受験をして今の学校に入りました。

私の学校は全て普通科なのに

・企業とコラボして商品開発

・自分たちで企業に電話して協力をお願い

・クラスを株式会社とみたて、企画から分析からなにからして文化祭で売る

などなど

社会人になる前に社会について勉強するような機会が多いのです。

 

それらを始める前に練習しておこう!というわけで中3のときに

「デザイン思考」

の授業がスタート。

 

デザイン思考ってなんや(めんどくさそ)

 

そう思っていたところで登場したのはメガネに関西弁の元気な先生(後に私の神となる)

 

デザイン思考って、たとえば

ホームに転落する人が多い

一つの原因として 酔っ払った人がベンチから立ち上がって直進しそのまま転落すること がある

ベンチの向きを90度変える

f:id:sv_nonoari:20170222183440j:image

ホームからの転落事故防止対策 北陸線の4駅でホームベンチの向きを90度回転します:JR西日本

 

 こんな感じで考えること。

 

これって私が今まで考えてたことと一緒じゃね??????

 

本当はもっと深いものではありますが、これだ!!!!!!!!となったわけです。

 

ちなみに教えに来てくださったのはCURIO SCHOOLの方々。

CURIO SCHOOLは主に小学生を対象としたデザイン思考スクールです。

小学生のお子さんがいらっしゃる方は是非。→CURIO SCHOOL|【学芸大】好奇心と創造力を磨く学習塾

 

今思えば、教える人が違ったら今の私はないのだろうなと思います。(このことについては後日別記事を書きます)

ちなみにメガネに関西弁の元気な先生とは社長の西山さんです。すみません。(大尊敬)

 

 

イデアコンテストに出てみた

その流れでCURIO SCHOOL主催のMono-Coto Innovationというコンテストに参加し

f:id:sv_nonoari:20170222191243j:image

こんなことになっちゃったりしつつ、リーダーを務めたチームで決勝まで進出し総合4位をいただきました。

 

2016年度のMono-Coto Innovation東京だけでなく京都山形でも予選がありました。

無料で有名な企業と一緒に楽しくモノコトづくりできるチャンスですんん。

本当に楽しいので中高生は是非。マジで。→ MONO COTO INNOVATION 2016

 ちなみに優勝したらシリコンバレーです。

 

15歳から社長になれるらしい

同時にここで15歳から株式会社を設立出来ることも知りました。

 

決して裕福な家庭というわけでもないし(ちょっと前に父親失業したし)

本当に大変なのはわかっていましたが、ここでやらなかったら一生の後悔だと思い、

自分が頭の中に溜めていたものを外に出していくために

2016年2月22日 中学3年生で株式会社SooVIVIDを設立しました

鎌倉パスタで大泣きして両親にお願いしたなあ

 

 

…以上です。

 

長えよ

 

ちなみに今は作りたかったアプリの企画を頑張っています。(もう少ししたら話しますね。)

2年目はアプリをリリースし、自分のやりたいこともどんどん実現させて

来年の今頃には胸を張って「二周年です!!」と言えるようになっているはずです。

誰に何と言われようと自分の道を突き進んでみます!若いんだもんね!

 

 

 

おまけ もっと若い頃

f:id:sv_nonoari:20170222201707j:image

 試験勉強せねば

 

有川野乃子٩( ᐛ )و